重要!ヒゲ脱毛後のアフターケア

あごの様子を見る男性

 

クリニックやサロンでヒゲ脱毛を行ったら、アフターケアにも気を遣わないといけません。
ヒゲ脱毛後のアフターケアについてご紹介します。

 

アフターケアは脱毛当日から始まる!
日焼け止めを使うこと

施術後の肌は敏感な状態になっています。敏感になっている肌を紫外線にさらすと、深刻な肌トラブルを招きかねません。紫外線から肌を保護するために日焼け止めを使ってください。

 

冷やすこと

サロンやクリニックでも、施術直後のほてった肌の熱を抑えるために、冷やしタオルや保冷剤などを使って鎮静をしますが、帰宅後もほてりが続いていれば冷やす必要があります。冷やしたタオルや保冷剤を使ってもいいですし、冷たい水につけてみてもよいでしょう。

 

温めないこと

脱毛した部位を温めてはいけません。赤み・炎症などの肌トラブルの原因になることがあります。入浴のとき(湯船に浸かる・熱めのシャワーを浴びる・サウナに入る等)や、暖を取るとき(こたつに入る・床暖房でゴロゴロする等)は、普段の生活の中でも特に気を付けましょう。

 

消臭スプレーを使わないこと

消臭スプレーに含まれている粒子が脱毛の効果を落とします。また、粒子の付着が、肌を不衛生にします。脱毛後1時間は、消臭スプレーを使わないでください。

 

軟膏、クリームを使うこと

施術を受けたクリニックやサロンから出された軟膏、クリームがある場合は、医師やスタッフから受けた指示を守って使いましょう。
特に何も出されていない場合も、市販のボディクリームなど(優しい使用感のもの)を使って肌の保湿に努めましょう。

 

→ヒゲ脱毛で跡を残さないために

 

アフターケアは継続が大事
日焼け止めを使うこと

日焼けは、脱毛には何のメリットももたらしません。日焼け止めは、脱毛当日以後もずっと使い続けてください。肌の日焼けが進み、黒くなればなるほど、脱毛効果が思うように出なくなります。脱毛サロンや脱毛クリニックに通っている間は、日焼け止めをこまめに使い、過剰に日焼けしないよう注意しましょう。

 

毛は剃って処理すること

もし毛が生えてきても抜かないでください。毛を抜いてしまうと、次の施術ができなくなることがあります。
どうしても毛の処理をしたい場合は、剃るだけにしておきましょう。

 

保湿クリームを使う

肌が乾燥した状態にあると、脱毛の施術時にダメージを受けるリスクが高まります。次の施術を気持ちよく受けられるよう、保湿をしっかり行ってください。特に、風呂あがりは乾燥が激しいです。風呂から出たらすぐに保湿効果があるフェイスクリームやボディクリームなどを使ってください。

 

もしアフターケアしなかったら?

アフターケアは、脱毛で一時的にひどく弱っている肌を刺激から守り、コンディションを徐々に整えるためにあります。
アフターケアをせず、施術を受けたままほったらかしにしていると、毛嚢炎のリスクが高くなります。

 

毛嚢炎って?

毛嚢炎は、毛の根元に細菌が入ることによって起こる、ニキビ状の炎症のことです。
白っぽいニキビのようになったり、赤く盛り上がったり、ひどくなると、膿が溜まったりします。
レーザーなどの熱によるダメージを利用して毛根が再生できなくなるまで破壊する過程で、毛穴が傷つきます。傷ついた部分に細菌が入り込むことが毛嚢炎の原因なのです。

 

毛嚢炎を予防する、3つのポイントを挙げてみます。

  1. 脱毛した部位をできるだけ清潔な状態に保つ
  2. 脱毛後はこまめに保湿し、肌を乾燥させない(乾燥は肌の抵抗力を確実に落とします)
  3. 適度に休息をとり疲れを残さない(疲れは身体の抵抗力を落とし、細菌が入り込むのを許してしまいます)

 

アフターケアを行うことで、細菌が入り込む隙をなくし、毛嚢炎に罹るリスクも小さくすることができるのです。

 

→ヒゲ脱毛数年後にはどうなるの?