ヒゲ脱毛で跡が残るってホント!?

がっかりする男性

 

ツルスベのキレイな肌にあこがれてヒゲ脱毛をしたのに、変な跡が残った!という話は、ちょくちょく聞きます。
なぜ、そのような跡が残ってしまうのでしょう。

 

→ヒゲ脱毛に伴うリスク

 

誤った出力

脱毛は、レーザーによって生じた熱で毛根にダメージを与えることで、毛が生えないようにします。
レーザーの出力は一定ではなく、毛の濃さや肌の色合いなど、ひとりひとりのコンディションに応じて調整します。一般的に、硬めで太い毛には高い出力、柔らかめの毛には低めの出力にします。

 

脱毛したい毛の性質にぴったりの出力で施術をすれば、問題なく脱毛することができます。仕上がりもキレイです。

 

しかし、出力の加減を間違い、柔らかめの毛に必要以上に高出力でレーザーを当ててしまうと、それが原因で跡が残ることがあります。
また、メラニン色素が多いと言われる太めの濃い毛に対しても、出力を間違えるとレーザーがメラニン色素に過剰に反応し、跡になってしまうこともあります。

 

肌質に合っていない

レーザーを使った脱毛は、毛根に強い力を加えます。
そのため、肌にかかる負担も大きく、肌質次第では跡が残ってしまうことがあります。

  • メラニン色素が元々多め(地黒)
  • アトピーなどで肌が弱く敏感
  • ケロイド体質
            

などの肌質を持つ方は、要注意です。このような肌質の方は、普通の肌質の方なら問題のない施術でも跡が残ってしまうおそれがあります。

 

上記のような肌質でも、脱毛ができないというわけではありません。
施術前に忘れず申告し、綿密なカウンセリングを行ったうえで低出力にしてもらう等、対策をすれば施術は可能です。

 

体調不良なのに無理をする

体が弱っているときにレーザーを肌に照射すると、免疫力の低下のせいで予期せぬ跡が残るおそれがあります。

 

脱毛で「跡」を作らない対策は?

せっかくの脱毛ですから、仕上がりはキレイにしたいものですよね。
跡を作らないための対策法を一緒にみていきましょう!

 

日焼けをしない!

レーザーは黒っぽい色(=メラニン色素)に反応をします。
日焼けをして肌が黒くなってしまうと、レーザーが過剰に肌に反応してヤケドのような状態になり、跡になってしまうことがあります。
また、日焼けをすると肌が乾燥してしまいます。乾燥状態でレーザーを照射するとますます乾燥します。乾燥は肌トラブルの元!キレイになるどころか肌が荒れてとんでもない結果になることも……

施術前も施術後も、日焼けはNGです!
日焼け止めをこまめに塗る、帽子をかぶる等の日焼け対策をしましょう。

 

脱毛部位を冷やそう!

脱毛後は、肌がほてった状態になっています。
帰宅後もほてりが続くなら、放っておかずに冷やしましょう。冷やしタオルや保冷剤をほてっている部位にあてる、冷水をかける等を行うと、手っ取り早く冷やすことができますね。
ただし、いつまでも熱さを感じる場合は、施術をしたクリニックに連絡をしましょう。
速やかに適切な処置を行えば、状態が悪化して跡が残ることを防ぐことができます。

 

実績を重視したクリニック選びをしよう!

レーザー脱毛は、正しい知識をもって、毛や肌に合った出力で照射すれば、決して怖いものではありません。

 

サイトを詳しく見たり、実際に施術を受けた人の体験談を参考にしたりして、慎重にクリニックを選びましょう。
やはり、脱毛実績豊富なところがオススメです。

 

→湘南美容外科の口コミ&その他の脱毛コース

 

実績が少ないクリニックですと、医師やスタッフの知識・経験が不足している可能性があり、施術部分に跡が残るリスクが大きくなりがちです。

たいていのクリニックで無料カウンセリングの実施をしています。気になるクリニックに実際に足を運び、自分の目で確認するのも一つの手です。

 

→ヒゲ脱毛数年後にはどうなるの?